よくあるご質問 FAQ

マウスピース矯正について

虫歯や歯周病があってもマウスピース矯正を受けることは可能でしょうか?
虫歯や歯周病がある場合は治療後の施術となりますので、お申し込み前に必ずお近くの歯科医院での検診を受けてください。
上歯または下歯だけを矯正できますか?
歯の噛み合わせは健康に大きな影響を及ぼしますので、基本的には上下どちらも矯正します。しかし、スペースの関係や噛み合わせの関係で結果的に片方はあまり動かせないという場合もございます。シミュレーション時にご確認ください。
親知らずがあるのですが利用できますか?
親知らずがあってもご利用は可能です。しかし、矯正終了後に埋まっていた親知らずが生えてきた場合、他の歯を圧迫し元の歯並びに戻ろうとする可能性があります。その為、抜歯後のご利用をおすすめしています。
マウスピース矯正によるリスクや副作用にはどういったものがありますか?
マウスピース矯正にはリスクや副作用もございます。 TI-A-LINEでは、相談を受け付けておりますので、マウスピースの異変や不具合があった場合はご相談下さい。(受付 平日 9:00~17:00 土日祝のご連絡は翌平日のご連絡となります) 不快感・痛み 新しいマウスピースを装着直後は、少し窮屈な感じや違和感、痛みを感じることがありますが、それはあなたの歯が動いている証拠です。 ただし、マウスピース型矯正は他の矯正治療に比べて1度に動かす距離が短いため、歯に無理な力がかからず、ユーザーさんによってはほとんど痛みを感じない方もいらっしゃいます。 2〜3日経つと「少し気になる程度の痛み」とおっしゃる方がほとんどです。もし耐えられないような痛みを感じる場合は、ご相談ください。 また、ワイヤー矯正と違い、マウスピース矯正では唇の内側を傷つけることがないので、口内炎のリスクが格段に下がります。 治療期間の延長 矯正計画通りに治療を完了させるためには、マウスピースを1日20時間以上装着する必要があります。装着時間の不足や、破損してしまったマウスピースの利用、過度の骨成長や衛生不良は、治療時間の延長につながる可能性があります。 また、形があっていない詰め物や被せもの(不良補綴物)がある場合マウスピースの保持に問題を引き起こし、歯の動きを遅くしたり、妨げたりする可能性があります。矯正開始前に治療をお願いします。 虫歯・歯周病 矯正期間中は、適切なブラッシングを行わないと、虫歯や歯周病になる可能性があります。また、喫煙は、歯周病のリスクを高めるため注意が必要です。 矯正後の後戻り 矯正治療完了後、保定装置(リテーナー)を装着しない場合は後戻りの可能性があります。リテーナー購入をご希望の場合は、上下2枚ずつのセットで22,000円(税込み)で提供しています。リテーナーの利用期間の目安は、矯正期間と同じ期間、時間も同じく20時間です(おすすめは2~3年程)。それ以降も就寝時には装着することで後戻りを防ぐことができます 。 歯根吸収 治療中に歯根と呼ばれる歯の根の部分が短くなるケースがあります。それによって歯の土台の部分(歯槽骨)の吸収が起こりその歯の寿命が短くなる可能性があります。歯が健康であれば、短くなってしまっても問題はありません。 歯根吸収は歯科矯正以外でも起こります。外傷、切り傷、宿便、内分泌障害、特発性などの理由により歯根吸収を引き起こす可能性があります。 アレルギー 非常にまれですが、マウスピースまたはチューイなどの器具にアレルギーがある可能性があります。歯科用印象材またはプラスチックにアレルギー反応を起こしたことがある場合は、最初にご確認ください。 気になる点があればLINEにてお気軽にご相談ください。
マウスピースの材質は何でできていますか?
医学的に無害な透明な材料(ペットボトルに使用されているポリエチレンテレフタレート)です。 厚さは約0.8mmで、歯に装着した状態でも目立たず、違和感がほとんどない素材で作られています。
マウスピースはどうやって装着しますか?
装着時はマウスピースを歯に装着した後、付属のチューイを噛みながらより歯とマウスピースがくっつくようにします。取り外す際は付属のリムーバーをご使用して全体的に力を入れ、少しずつ上に押し上げていってください。
マウスピース矯正は痛いですか?
矯正治療で感じる痛みは、歯が動く際に発生する痛みです。したがって、矯正方法に関わらず痛みが出るのは治療の性質上避けられません。ただし、マウスピース型矯正は他の矯正治療に比べて1度に動かす距離が短いため、歯に無理な力がかからず、ユーザーさんによってはほとんど痛みを感じない方もいらっしゃいます。新しいマウスピースを装着直後は、少し窮屈な感じや違和感、痛みを感じることがありますが、それはあなたの歯が動いている証拠です。2〜3日経つと「少し気になる程度の痛み」とおっしゃる方がほとんどです。もし耐えられないような痛みを感じる場合は、クリニックにご相談ください。
マウスピース矯正が完了した後はどうなりますか?リテーナーは必要ですか?
リテーナーを使用しないと、歯は元の位置に戻る傾向があります。 最終マウスピースをリテーナーとしてもご使用いただけますが、別途22,000円(税込み)でご注文も承っております。
マウスピース矯正を成功させる上で重要なポイントはありますか?
・毎日20時間以上マウスピースを装着すること ・毎回チューイを噛むこと ・マウスピースを入れている時はなるべく食いしばらないこと
マウスピース矯正をしていることを周囲の人は気が付きますか?
ほとんど気が付かれることはありません。接客業や営業職など見た目を気にされる方も安心してご利用ください。
治療中の歯があるのですが、可能ですか?
治療中の歯がある場合は、治療後のお申込みとなります。また、インプラントがある場合はサービスをご利用頂けませんのでご注意下さい。
私はまだ学生なのですが、運動時に装着しても問題ないでしょうか?
運動時も装着可能です。どうしても不安のある方は担当医にご相談ください。
妊娠中でも矯正は受けられますか?
安全を考慮し、妊娠中の方はお断りさせて頂いております。(初回検診時にレントゲンを撮る可能性もある為。)
どのくらいの期間がかかりますか?
軽度の方は3か月~6か月、中程度の方は6ヶ月~1年が目安となりますが、歯並びの状態により個人差があります。より詳細な矯正期間については、歯型を採った後にお届けするシミュレーションにてご確認いただけます。
喋るときの声や響きに影響しますか?
マウスピースによって舌の位置や口内の空間が変化するため、人によっては自分の声が変化したと感じる場合もあります。

マウスピースについて

マウスピース破損の原因はなんですか?
マウスピース破損の原因の多くは着脱時です。厚みが0.8mmとなっておりますので、爪を使ったり無理に力を加えて外そうとすると破損に繋がります。また、食いしばりがある場合もマウスピースに力が加わりますのでご注意下さい。 基本的には以上のことを気を付けて頂ければ早期破損することはございませんが、リテーナーは長い期間同じものを使用しますので、破損の際にはご注文をおすすめ致します。
リテーナーはいくらですか?
リテーナーは、上下2枚ずつのセットで22,000円(税込み)です。最後のマウスピースをリテーナーとして利用いただくことも可能ですので、ご購入はご希望の方のみとなります。
マウスピースを付けたまま食事はできますか?
できません。破損やゆがみの原因となるため、食事前には外して頂きます。
マウスピースを付けたまま水などは飲めますか?
常温の水であれば問題ございませんが、それ以外の飲料(熱い飲み物、ジュース類、炭酸飲料、アルコールなど)はゆがみや破損の原因となるため、飲む前に外してください。また無糖のコーヒー、お茶などはマウスピースに色がつくおそれがあります。使用上の問題はありませんが、気になる場合は飲む前に外すようにしてください。
外したマウスピースはどうしたらいいのですか?
矯正キットに同梱されているマウスピース専用ケースをお使いください。 専用ケースに入れることでマウスピースを清潔に保ち、破損や紛失を防ぐことができます。
マウスピースは1日何時間つける必要がありますか?
1日あたり20時間以上(食事や歯磨きの時以外は常に装着)を厳守してください。マウスピース矯正は装着時間に大きく左右されるため、時間が不足していれば歯は動きません。お客様の管理による部分がございますので、必ず規定時間を守ってご装着ください。
マウスピースを装着するのは簡単ですか?
慣れれば簡単ですので、最初は付属の説明書を見ながら装着してください。歯型がどうしても合わないという場合は、TI-A-LINEのメール又はLINEへご連絡ください。
マウスピースの手入れは必要ですか?
必要です。マウスピースは常に清潔な状態を保ってください。食事で外した場合は流水ですすぎ、1日に1度は、柔らかい毛の歯ブラシで優しくブラッシングをしてください。マウスピースは熱に弱く、お湯で洗うと破損やゆがみの原因となるため避けてください。また、歯磨きペーストをつけてのブラッシングは、マウスピースに傷がつき、変色等の原因となるためおすすめしておりません。
マウスピースの付け替えはどのタイミングですればよいですか?
マウスピースは2週間ごとに交換してください。TI-A-LINEでも付け替え時期をお知らせしますが、自己管理をよろしくお願い致します。
付け替え後の古いマウスピースはどうすればよいですか?
現在使用している3つ前(約1カ月分)までのマウスピースは保管して下さい。付け替えたマウスピースが合わない場合、以前のマウスピースの装着時間が足りていなかった可能性がございます。その際に再装着ができるよう、すぐには処分せず様子を見ながら処分してください。また、紛失・破損時に新しいマウスピースが届くまでの予備としてもご利用いただけます。
リテーナーとはどういう物ですか?
矯正用のマウスピースと同じ形状で、矯正終了後の歯を現在の位置に固定させ後戻りを防ぐためのものです。
リテーナーはどれくらいの期間、使う必要がありますか?
2年~3年の装着が望ましいですが、最低でも矯正期間と同じ期間は必要です。(矯正期間半年の場合、リテーナー期間も半年)歯は動き続けるため、それ以降も夜だけでも装着することをおすすめします。※注文期限は3年です。

料金について

料金はいくらですか?
シミュレーション費用:8,800円(税込み) 矯正費用:91,200円(税込)~360,000円(税込)となります。
料金はどのタイミングで支払うのですか?
お申込み時にペイパルの決済フォームをお送り致します。 シミュレーション費用と矯正費用は別でのご請求となりますので、矯正をされるかはシミュレーションをご覧いただいた上でご判断下さい。
どのような支払い方法がありますか?
現時点ではクレジットカード又は銀行口座引き落としのご対応をさせて頂いております。 引き落としはペイパルを通してになりますので、アカウントがない場合はお手数ですがアカウント開設からお願いいたします。

キャンセルについて

効果が出ない場合は返金してもらえますか?
マウスピース矯正は装着時間により効果が大きく変わる為、すでにお支払いいただいた期間中のキャンセルは原則として返金致しかねます。シミュレーションをご覧いただきご納得頂いたうえでお申し込みください。
  
返金ポリシーを教えて下さい。
商品お届け後のキャンセルについては、発送した商品が不良品、品違いの場合にのみ受け付けます。 なお商品の到着した日の翌日より7日以内にご連絡を頂いた場合に限ります。 原則としてお客様都合によるキャンセル・返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には慎重にお選びください。 例外として、マウスピース矯正治療の途中でマウスピースが入らないなど、当初計画とのズレによるエラーが発生した場合は、現況を正しく主治医にお伝えいただき、主治医の提示する善処策にご協力頂いた上で、取りうる善処策がないと主治医が判断した場合にのみ返金致します。

その他

型採りは一度だけですか?マウスピースがあわなくなったときはどうするのですか?
TI-A-LINEは一度の歯形採りでゴールまで設計できるマウスピース矯正ですので、基本的には1回の型採りで全てのマウスピースの作製とお届けをしております。 しかし使用法や使用時間などによってズレが起きてしまった場合、再度歯型の採取等ご協力いただく場合がございます。
歯並びが食事に与える影響はありますか?
歯並びが悪いと、食べ物が噛みにくい・または歯に挟まりやすくなることもあります。 食べかすが歯に挟まりやすくなることにより虫歯や歯周病のリスクも大きくなります。 また、咀しゃくがきちんとできないと胃や腸に負担がかかり、全身に悪影響を及ぼすこともあります。
歯並びが良くなるとどういうメリットがありますか?
歯並びが改善されることによるメリットはたくさんあります。以下はその一例です。 ・笑顔に自信が持てるようになる ・虫歯や歯周病になるリスクを軽減できる ・噛み合わせが良くなり、様々な体の不調が改善される 矯正治療は心身ともに良い影響をもたらします。